« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

武奈ヶ岳12.5k 18.6/22(金)

 最初は堂満岳までとしていたが、頂上でかなりの余裕を感じたので、足を武奈ヶ岳まで延ばすことにした。
12.5kgは今夏の目標としていた重量(最終は15k)なので、これが達成できれば文句なし、あとは細かい部分の調整程度で終了できる。膝具合も順調で安全地帯では小走りを交え快調に下山出来た。
駐車場8:00~堂満岳9:45~コヤマノ岳11:30~武奈ヶ岳11:50~下山14:10

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コヤマノ岳  ’18.6/16(土)

 ヘルスメーター持参のキッチリ15kg、歩きがチョイ長なので流石に手応え十分。 最初は武奈までとしたが、打ち合わせが遅くなることで割愛した。予想通り下山の石ころ道で以前ほどではないが、「膝が笑う」というより柔軟性がいまいちだ。感覚的にはもう2,3度トレをこなしたら無くなる感じだ。帰りは拙宅でコーラで打ち合わせ、”うま~い”
7:30~15時過ぎまで(ダベリが多すぎで参考にならず)
NAK、YAM、山犬

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 比良 堂満岳17k ’18.6/12(火)

 中3日で17kg以上では初の2時間切り。 5/26の初の17kgに比べ20分の短縮、1時間50分で登頂出来た。
 心肺機能は十分に手応えを感じているが、後半の足腰の違和感がいまいちだ。それに加え下りでスリップしてうつ伏せ下向き状態がそのままで引き起こしが出来ない。体勢が崩れると今の体幹力では元に戻せないのだ。一回転してやっと立て直しができた、体幹の弱さをここで暴露してしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 比良 堂満岳18k↓ ’18.6/8(木)

 トレでは初の中3日、時間を気にしない登高であれば典型的な有酸素運動であらうが、負荷が高いとさういうわけにもいかず、特に最後の急登では結構な無酸素運動の世界なのだ。
 なので今までは無難に疲労感が完全に抜けるまで間隔を空けていたが、実際には連続登高が3~4日はざらなので徐々に間隔を詰めることにした。
 2:10で登ったが重く感じたので、帰って再計量したら15kの筈が18kg↓あった。ヘルスメーターの故障で誤認したのだ。(最近言い訳多し) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

 氷ノ山1510m ’18.6/4(月)

 初めての氷ノ山、中国地方で2番目の高さを持つ秀峰だが、単独峰でないので立木が多く展望が思ったよりも悪い。
 豪雪地帯だが見たところ雪崩斜面が少ないので積雪期に登ると手応え十分、思い切ってラッセル出来そうだ。 一度行ってみたいものだ。
福定親水公園10:00~頂上~福定親水公園15:40
TAK、YAM、山犬

I


| | コメント (0) | トラックバック (0)

堂満 20K ’18.5/31(木)

 下山時など、下部の足場をのぞき込むときザックが横にズレたりして体勢を立て直せないときがある。
そんな重量が20kg以上なので是非体験しておきたい重量だ。 ありゃ’ストックが一本無い、落としてしまったのだ、近いうちにもう一度や!!
 駐車場6:30~合流点7:40~頂上8:40 所要時間 2時間10分  20kgにしてはまずまず、気をよくした。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北小松人工 ’18.5/29(火)

 2ヶ月のブランクでどの位登れるだろうかと、誘いに応じて馳せ参じたが、予想通りトップロープの登りもままならず何でもありの4本を登って終了とした。 それでも室内壁なら12本分以上に相当するので良しとせねば。
9:30~15:00
OKB、YMD、TAK、TAM、山犬
J


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »