BSアンテナトラブル顛末記

 以前からBS放送が天候が悪化すると画面がちらついて見づらくなっていたが、つい最近から時々見えなくなる現象がたびたび起こり、ついには完全に見えなくなってしまった。
 一応ガイドに従って室内の各変換機、分派器、電源等あたってみたが特に異常は見当たらない。 現象は除々に悪化しているのを見ると雨ざらしになる屋外関係だとねらいを付け、BSアンテナと屋内ケーブルの継ぎ手を点検したところ同軸の芯線が完全に腐食して切れていた。 原因さえ判ればこちらのもの、早速2種の継ぎ手(両方で865円)を新品に交換してスイッチON、...なんと全く変わらず、 ”シ~ン ” として反応なし。
 120%の自信が脆くも崩れてしまった、落ち込みは大きい。 1週間の間試行錯誤したが最早打つ手は無し、高い部品と点検、工事費を捻出して交換しかない。 どうせ捨てるなら(パラボナ)一丁解体して構造の確認と掃除でもするか... と、取り外して全て解体したあと掃除して再セット。 う、映った...!! 快挙、快挙、と快哉を叫ぶ(またこれだ)  20年に渡って使用したアンテナでも掃除しただけでまた生き返ってくれる。 望みは簡単に捨てないことだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)